未知との遭遇-Encounter of the Unidentified

画像

太陽が大きく傾く時間帯、光は斜光となり、風景に立体感を与えてくれる。また、赤みを帯びた光線は、照らし出す全てのものに美しい彩りを添える。この好条件を狙って、撮影は日の出、日の入りの前後に集中して行った。今回の旅では、太陽そのものの写真も多い。大荒野に沈む夕陽、湿原から昇る朝陽などなど、ほとんど毎日地平に傾く太陽を見ていた。その中でもこの落陽はひときわ印象的なものである。厚く垂れ込んだ雲の切れ目から一瞬覗いた火球は周囲を黄色く焦がし、映画で見た異星人が到来するシーンを彷彿とさせる情景を現出させた。1億5千万キロ彼方からこんな感動的な光景を創造する、そんな芸当はこの天体にしかできない。我が太陽は偉大である。

Nikon F5A with MF-28,
Ai AF VR Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D,
Fujichrome PROVIA 100F (RDP III)
Aperture-Priority Auto @ F8
Stuart HWY., South of Alice Springs, Northern Territory
October, 2001

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント