足跡-Footprints

画像

カナーボンからパースへ戻るフライト、シャーク湾(ペーロン半島 Peron Peninsular)の大パノラマが 眼下に広がった。当然のことであるが、地図で見たままの海岸線に深く感嘆した。老婆心ながら補足すると、右手が北になる。アボリジニの言葉で"巨人の足跡"(birridah)と呼ばれる塩湖が印象的に並んでいる。画面中央よりやや左上に見える入り江が有名なシェル・ビーチ。現地で嘆息した海の透明度は上空から見ても変わりない。これだけの高度から眺めても海の底まで見えそうだ。この海に最古の生物ストロマトライトが息づき、ジュゴンが繁殖し、イルカが遊ぶ。いつまでも大切にしたい我らの世界遺産である。

Nikon F4,
Ai AF Zoom Nikkor 28-85mm F3.5-F4.5S
Fujichrome PROVIA ISO 100 (RDP II)
Aperture-Priority Auto @ F5.6
The skies of Shark Bay, Western Australia
December, 1997


-------------------------------------
Please come to see me at
http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月31日 21:25
こんばんは。
ピカソも真っ青な素晴らしい自然が作り出した絵画ですね。
茶色の部分が塩湖でしょうか?
もしそうならば配色がすごいですね。
それにもましてその下には数多くの生物が暮らしているのですから。

魚眼レンズですが、旧式ということはAi-sマニュアルレンズでしょうか?
CAPA本でベスト100のレンズにも選ばれていたレンズですね。

カワセミの件、モリショウビンをネット検索しましたが、とてもきれいな色の鳥ですね。
トンボの歌ではないですが、サンゴ礁の海の色を身につけたのでしょうか^^;
管理人のbuokaburra
2008年09月01日 20:51
こんばんわ!

> 茶色の部分が塩湖でしょうか?

そうですね、色の薄い部分、白っぽいところが塩湖です。いくつもあります。

> 魚眼レンズですが、旧式ということはAi-sマニュアルレンズでしょうか?

ワシの魚眼は更に旧型なんですよ。Ai-SはF2.8なのですが、ワシのはF3.5元々Aiではなく、Ai化の改造が行われています。F4でマルチパターン測光が使えず、不便なのですが、魚眼レンズは結構高くて、なかなか更新できません。しかし、写りには満足しています。

ワシがカカドゥで撮ったモリショウビンです↓
http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/kingfishers/forestkingfisher_nt.html

とても美しく、かつ愛嬌のある鳥です。