ワニにさらわれたとみられる男性の家族 「奇跡を願う」

少し古くなりますが、10月1日に下記のニュースが報じられました。
オーストラリア北部、ケープヨーク半島で、観光客が巨大クロコダイルにさらわれるという事故が起きました。

----------------------------------------------

【ブリスベン1日AAP】ケアンズ北部クックタウン近くにあるエンデバー川エスケープ・キャンプ場に妻と一緒にキャンプに来ていたアーサー・ブッカーさん(62)が、カニ取り網を見に行ったきり行方がわからなくなっているが、現場にワニの足跡が残されていたことから、ワニにさらわれたものとみられている。

 ブッカーさんの妻のドリスさんは現在、病院で鎮静剤を継続的に服用しており、精神的ショックが大きいことからメディアに対し話ができる状態ではないが、ブッカーさんの義兄弟のマイク・ワトソンさんはレポーターに対し、家族は今もブッカーさんが元気な姿で戻ってくるよう奇跡が起こることを願っていると話した。

 現在までに発見されているブッカーさんの所持品はサンダル、腕時計、川岸に残されていたカメラなど。警察は、2日も引き続きブッカーさんの捜索を行う。

 エンデバー川エスケープ・キャンプ場のテリー・レイヤー氏は30日夜、チャーリーという名前の全長6メートルのワニがブッカーさんをさらっていったものとみているとしたが、QLD州公園と野生動物サービスのジェームス・ニューマン地域部長は1日、ABCラジオ局に対し、他にも2匹の大型ワニが現場周辺で確認されており、捜索隊員たちも注意を払いながら作業を行っているとした。

----------------------------------------------

クックタウンにはワシも行ったことがあります。キャプテンクックが船の修理のために上陸したことで知られる街です。ケアンズの北、熱帯地域に位置し、エンデバー川の岸辺はマングローブに覆われています。記事には6メートルクラスのクロコダイルと記されていますが、まさかそんな大物がエンデバー川に生息しているとは知りました。恐らく、現在見ることができる最大クラスのクロコダイルでしょう。

カカドゥなどオーストラリア北部に行くと、水辺のいたるところに「クロコダイルに注意」の看板が立っています。しかし、旅を重ねていくと、「慢心」が生まれることも事実です。この報に触れて、自分も気を引き締めなければと思いました。

行方不明の方の無事をお祈り致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント