プライム・タイム-Prime Time

画像


アリスから進路をウルルへ、キャンパー、トレーラー、大型バス、ランクルのグループツアーなど、多くの人がそれぞれのスタイルで巨岩を目指す。荒野と呼ぶには戸惑うほど、ルート上には浮かれた雰囲気が溢れている。

誤解を恐れずに言うなら、東京ディズニーランドへ向かう週末の湾岸線のようだ。何だか周囲に乗せられて自分もワクワクしてくる。今回の旅でワシは思った、ウルルはアウトバックのテーマパークだと。これは茶化している訳でも、ウルルの価値を落とそうと意図している訳でもない。実際ウルルは、ルールを守れば多くの人々が安全且つ快適にアウトバックのテイストを堪能し、満喫できる場所なのだ。

ワシの言を疑うなら夕刻にサンセット・ビューイング・ポイントに行くといい。赤く染まる巨岩を前に、二人の世界に浸るカップル、老婦人は写真撮影に余念がなく、おじさんは車の屋根から双眼鏡を覗く。ウルル・カタチュタ国立公園最大のアトラクションを誰もが各自各様に楽しんでいる。

そして日没とともに、皆が笑顔でエアーズロック・リゾートへと引き上げていく。きっと満足度調査をすればTDLもUSJもかなうまい。6億年の夕暮れが圧倒的に素晴らしいのは当然のこととして、人々の笑顔を見るだけでも幸せな気分になるれる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

おーちぃぱぱ
2009年06月14日 00:22
こんばんは、この景色一度は見てみたいです。あの青い空赤い夕焼けがが懐かしい。
管理人のbuokaburra
2009年06月14日 01:03
こんばんは!!
ワシもエアーズロック(ウルル)を最後に訪れて4年になります。
アリスから荒野を飛ばして、また行きたいですね~。
写真にあるような人々の浮かれた気分の中にあると、自分まで幸せな気持ちになります♪