ウビルの夕陽-Ubirr's Sunset

画像


ウビルからの日没は何度見ても圧倒的である。夕刻、ウビルの岩壁の西側はにわかに客席となり、人々が思い思いのスタイルで素晴らしいショーを観賞する。この日も厳しい暑さ、猛烈な湿度にもかかわらず、きつい岩登りをして、多くのギャラリーが集まった。陽が地平に近づくに連れて手前に広がるナータブ氾濫原 Nardab Floodplainは輝きを増し、見る者は言葉を失う。それは大自然の繰り広げる一大ページェントである。そして太陽が没する瞬間のクライマックスを迎えると感嘆と賞賛の声が漏れる。カカドゥ広しと言えど、一般 に公開されている場所で、これだけ見事な夕陽を堪能できるところはここ以外あるまい。ワシはウビルの夕陽なくしてカカドゥに来た価値はないと断言する。ツアーを予約する際、ウビルで夕陽を見るスケジュールが組み込まれているか要確認である。

Nikon F5A with MF-28,
Ai AF VR Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D,
Fujichrome PROVIA 100F (RDP III)
Aperture-Priority Auto @ F8
Ubirr, Kakadu National Park, Northern Territory
October, 2001

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント