逃避行-4-Rendezvous

画像


黒雲が渦巻き、荒野を烈風が舐め尽くす。雲の下に入ってしばらくすると、遂に恐れていた雨が来た。覚悟はしていたが、天の底が抜けたような豪雨である。「どこが大陸一降雨量の少ない場所なんだ!」、「よりによって今日降らなくてもいいだろ!」、しかし、天に泣き言は通じない。洗車機に入ったような状況で視界はほとんど失われた。ワイパーの狭間に見える微かな視野を頼りに進む。さすがにこの状況では写真を撮る余裕はなかった。僅かな視界の中、路傍に十字架が一瞬見えた。後で知ったことだが、 98年に車が動けなくなり、3日間救援を待ったものの、最後はウナダッタ・トラックへ歩いて救援を求める途中に外国人観光客が命を落とした場所である。ルートの後半で雨脚は弱まったが、路面状態は最悪だった。スタックの恐れが高い場所は特に慎重に進む。道が大きく水没している場合は道端のブッシュに逸れて大きくU字形に迂回し、水没区間の"対岸"に出る。アウトバックのツアードライバーがよく使う方法だ。そしていよいよ往路に肝を冷やした大水没区間。水の範囲は広大になり、迂回する場所もない。「一輪がにトラクションがあればスタックしない」と頭に言い聞かせて進入する。泥濘は深い。四輪のうちどれかが常に空転を起こしている。右前輪がものすごい勢いで泥を後方へ跳ね飛ばし、右側面の窓は全て泥で覆われた。「あと少し」と思った時、車が大きく唸り始めた。「やばいか!」、シフトダウンしたいところだが、過剰な力をかけてスタックするのを嫌い、そのままアクセルワークに集中した。なおも唸るランクルにワシは叫んだ(本当に)「世界一の車だろ!その力を見せてくれ!」と。

Nikon F4 with MF-23,
Ai AF Zoom Nikkor 28-85mm F3.5-F4.5S,
Fujichrome PROVIA 100F (RDP III)
Aperture-Priority Auto @ F5.6
On the track to William Creek, Lake Eyre North, South Australia
October, 2001


○ 逃避行-1
http://australia-outback.at.webry.info/201109/article_13.html

○ 逃避行-2
http://australia-outback.at.webry.info/201109/article_19.html

○ 逃避行-3
http://australia-outback.at.webry.info/201109/article_20.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミント♪
2011年09月30日 08:18
テレビのサスペンスドラマよりドキドキ・ハラハラ。 続き待ってます
管理人のbuokaburra
2011年09月30日 22:21
ミントさん、こんばんは!長文にお付き合いくださり誠にありがとうございます。本日最終話をアップしましたので、ご覧いただけると幸いです。
エア湖でのこの経験はワシのオーストラリア旅行史の中でも、スリリングでとても印象深いものです。
またあの大陸に立って、大いなる自然と向き合いたいですね。