逃避行-5-Rendezvous

画像


やはりランクルは世界一の車だった。豪雨からの逃避行は無事ウナダッタ・トラックとの分岐点に至ったのだ。「やれやれ、ここまで来れば」と生還を実感した刹那、車の挙動が乱れた。車を真っ直ぐに走らせることができない、路肩に向かって車が流れていく。まるで氷の上を走るような感覚だ。「やばい!やばい!」、肝を冷やして車を止めた。足を路面に踏み出してみると、ブーツのソールが数センチ粘質の高い泥に沈んだ。雨にしたたかに打たれたウナダッタ・トラックの路面は軟らかい粘土状態になり、車のトラクションを奪っているのだ。一難去ってまた一難、ウイリアム・クリークまでの数キロをワシは酔っ払い運転のような千鳥足で走った。振り返ると、路面には蛇行を繰り返した轍が盛大に刻まれていた。そして、ようやくウイリアム・クリーク・ホテルに到着。ここまで何と長かったことか。何かを達成した気分、芸術的と言えるほど泥だらけになったランドクルーザーの姿もワシにとっては勲章だった。誰かに見せびらかしたい、誰かにこの逃避行を話したい。パブに入ったワシは饒舌だった。VBを一気に飲み干し、エア湖からの逃避行をそこに居合わせたローカル数人へ雄弁に語った。ビールのほろ酔いも手伝って興奮は一向に冷める気配がない。すっかり陽の傾いた外に出て西の空を眺める。大いなる逃避行の最後を飾るかのように、雨雲を照らす夕焼けがいつもより何倍も壮観に見えた。(終)

Nikon F4 with MF-23,
Ai AF Zoom Nikkor 28-85mm F3.5-F4.5S,
Fujichrome PROVIA 100F (RDP III)
Aperture-Priority Auto @ F5.6
William Creek, Oodnadatta Track, South Australia
October, 2001


○ 逃避行-1
http://australia-outback.at.webry.info/201109/article_13.html

○ 逃避行-2
http://australia-outback.at.webry.info/201109/article_19.html

○ 逃避行-3
http://australia-outback.at.webry.info/201109/article_20.html

○ 逃避行-4
http://australia-outback.at.webry.info/201109/article_21.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント