NEX-7は好印象

画像

午後から雪が本降りになり、しばらく天神に足止めされました。
雪が止むのを待って、カメラのキタムラで時間をつぶしている間、NEX-7を触って来ました。
ご存知の通り、NEX-7はSonyのミラーレス一眼NEXシリーズの最上機です。
EVFを内蔵し、APS-Cのセンサーは驚きの24.3メガピクセルを誇ります。
画像

見た印象はEVFが内蔵されてボディが大きくなった分、ちょうどいい感じになったと思います。
以前のNEXシリーズはボディが小さすぎてレンズとのバランスが良くありませんでした。
さて、本日一番驚いたのはカメラを初めてホールディングした時です。
大きくなったとは言え、十分小柄なボディには、適度な重さがあり、精密機械としての濃縮感が溢れています。
グリップも非常に握りやすく、持った瞬間に「あっ!これはいい!」と思いました。

EVFにはセンサーが付いていて、ファインダーを覗くと自動的に背面液晶からEVFに切り替わります。
被写体と重なるように水準器が表示され、各種データと合わせて戦闘機のヘッドアップディスプレイのようです。
しかし、このカメラの最大の弱点はこのEVF。
アイポイントが短いのか、目をしっかりカメラに押さえつけて構えると、クリアーな視界を得られません。
視度補正で調整してみたのですが、ワシにはしっくりこなかったです。

インターフェイスはよく整理されていてマニュアルが無くても基本的な操作は可能です。
精密度が高くモノとして非常に優れているだけに、ファインダーがアレなのがとても惜しいと思います。
ワシが触ったデモ機特有の問題かもしれませんので、引き続きNEX-7をウォッチしていきます。

今話題のFUJIFILM X-Pro1にも触りましたが、これは質感が全く無い(泣
ボディーの器はNEXより大きいけど妙に軽くてスカスカな感じです。
レンズだけ重くてバランスが悪く、モノとしての出来はNEXの方が遥かに上。
しかし、ファインダーは定評のあるシステムが採用されており、見やすいものでした。
写真を撮るならX-Pro1、モノとして扱うならNEX-7と言ったところでしょうか。

まあ、両機とも結構いいお値段なので、ワシが所有することはないと思います。
そのお金はD800Eの購入資金に回します。それも果たしていつのことになるやら・・・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント