波照間島へ、そして・・・-その1 何故、波照間島?

↑石垣離島ターミナルで憩う高速船。この船に乗って、波照間島への旅が始まる。ちなみに後部の客室のほうが船酔いしないそうだ。 波照間島は有人島としては日本最南端にあります。北緯24度2分25秒、東経123度47分16秒です。あまりこの経緯度には意味はありません。それよりも、八重山地方の中心地・石垣島が那覇から410 km 以上離れてお…
コメント:0

続きを読むread more

エスカープメント-Escarpment

ジャビル郊外にあるエアストリップを離陸して機首を南に向けると程なくエスカープメント Escarpmentと呼ばれる断崖が見えてくる。この崖は公園内を南東の方角に延々と連なっており、イエローウォーターなどの湿原とは異なるカカドゥの別な表情を見せてくれる。エスカープメントを境にして台地から湿原に環境は大きく変わり、カカドゥの多様な動植物…
コメント:0

続きを読むread more

岡城会館が無くなった!!

先週、実家に帰省した際に岡城へ行ってきました。 以前ブログに書いた通り、岡城会館は昨年の11月で営業を終えたのですが、 今回行ってみると、既に建物も取り壊され、跡形も無くなっていました。 上の写真は駐車場の入り口から昔建物があった方向を撮ったものです。 ↑大手門に向かう道からくじゅう連山を見渡せます。 前は建物があ…
コメント:0

続きを読むread more

WOWOW Railway Story オーストラリアの大地を行く

WOWOWの3月の放送予定を見ていたら、表題の番組が見つかりました。 放送予定は下記の通りです。 ● 「Part-1 入植と発展の歴史を辿って」 3月18日(日)後0:00 シドニー~ブルーマウンテン~メルボルン~アデレード ● 「Part-2 大陸縦断鉄道ザ・ガンに乗車して」 3月25日(日)後0:00…
コメント:0

続きを読むread more

湿原の黄昏-2-Wetland at Twilight

二条の雲が一日の残り火を浴びて輝くと、その下に湿原が幻のように浮かんだ。雨期の近いこの時期、空には雲が絶えず沸き立ち、イエローウォーターの景観は非常に表情豊かである。時々刻々と景色は移り行き、今日の夕景は今日限り、昨日の夕景も今日にはない。そんな一期一会を楽しみに夕刻には多くの人がやって来る。各ツアーが集まるので、そんなに広くないボ…
コメント:0

続きを読むread more

カカドゥの渡し-Cahill's Crossing

カカドゥ国立公園の東端を流れるイースト・アリゲーター・リバーはその下流域でアーネムランド(アボリジニ所有地)との境界線を成す。アーネムランドとカカドゥを結ぶ陸路は一つだけで、写真のCahill's Crossing(読み方不明)でイースト・アリゲーター・リバーを渡る。渡し場と言っても、増水すれば簡単に水没するであろう沈み橋があるだけ…
コメント:0

続きを読むread more

忘れ得ぬ光景-Spectacular !

初めてウビルに登ったときの衝撃は今も忘れない。アーネム・ランドへと続く広大な氾濫源の緑は鮮烈で、太陽は赤い火球となって地平に落ちた。トップエンドの、いやオーストラリアの大自然をまざまざと見せつけられ、目眩するほど感激した。そのインパクトはグレート・バリア・リーフやバングルバングルを初めて訪れた時より上である。それからというもの、ウビ…
コメント:0

続きを読むread more

湿原の朝-Good Morning Wetland

クーインダの朝は早い。イエロー・ウォーター・クルーズの参加者で船着場は夜明け前から賑わう。朝の光線が美しく、生物の活動が活発な朝一番のクルーズは特に人気が高く、今日もボートは満席である。船着場を離れる頃に太陽が顔を出す。写 真の朝陽は進行方向に向かって右側に座ると撮りやすい。しかし、クロコダイルやカワセミ、その他鳥類達がどちら側に現…
コメント:0

続きを読むread more

NEX-7は好印象

午後から雪が本降りになり、しばらく天神に足止めされました。 雪が止むのを待って、カメラのキタムラで時間をつぶしている間、NEX-7を触って来ました。 ご存知の通り、NEX-7はSonyのミラーレス一眼NEXシリーズの最上機です。 EVFを内蔵し、APS-Cのセンサーは驚きの24.3メガピクセルを誇ります。 見た印象はEV…
コメント:0

続きを読むread more

ワンギ・フォールズ-Wangi Falls

ダーウインの南西約100キロにリッチフィールド国立公園 Litchfield Natinal Parkはある。カカドゥほどのスケールやワンダーはないかもしれないが、そこはオーストラリア、多くの滝を中心に素晴らしい自然を満喫できる。ダーウインから車で二時間ほどという手頃な距離も手伝って、「カカドゥより好き」という声も耳にする。写真のワ…
コメント:0

続きを読むread more

ジャンピングクロコダイル2-Jumping Crocodile

初めての渡豪、シドニーでワシを迎えてくれた後輩にラウンド中の写真を見せてもらった。アルバムのあるページを開いた時、ワシは尋ねた「どうしてこんなにワニばかり撮っているんだ?」と。見開き2ページがほとんどワニの写真なのだ。今思えばそれはダーウイン郊外のジャンピング・クロコダイル・クルーズで撮影されたもの...。シドニーでの出来事から5ヶ…
コメント:2

続きを読むread more

ジャンピングクロコダイル1-Jumping Crocodile

ダーウインからアーネム・ハイウエイをカカドゥ方面へ向かうこと約60km、アデレード・リバーの濁った流れの畔に、ジャンピング・クロコダイル・クルーズの発着所がある。ボートの上から長い竿で肉を垂らし、クロコダイルが近づいてくると、肉を宙高く吊り上げる。するとクロコダイルはその肉を目指して写真のように見事なジャンプを見せてくれるという訳で…
コメント:0

続きを読むread more

輝く蟻塚-Shining Termite Mounds

降ったりやんだりの不安定な天候の中、雲の切れ間からのぞいた斜光を浴びて蟻塚が輝く。蟻塚は南回帰線を北に越えたあたりから出現する。最初は竹の子大のものが、北へ上るにつれて大きくなり、トップエンドに至ると、5,6メートルに達する。特に、リッチフィールドは巨大蟻塚密度が高いので、次々に現れる蟻塚に「ウォー」と歓声を上げることがしばしばであ…
コメント:0

続きを読むread more

不老水-飲むと三百年生きられる?

今日、アワタニ氏とその婚約者と3人で香椎宮に行きました。 鹿児島本線の踏切を渡って、参道は何度も通っているのですが、お参りするのは初めてです。 今日もまた寒かったので、広い境内に参拝者は我々3人だけでした。 重要文化財の本殿に幸せな未来をお祈りした後、周囲を見回すと「不老水」という文字が目に入りました。 本殿からは少し離…
コメント:0

続きを読むread more

今年もよろしくお願いします

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 今年最初の更新です。本年もよろしくお願いします。 年末年始は30日から4日まで帰省していました。 その間、数の子や雑煮を食べたり、初詣に行ったりと、一通り正月らしいことをやって来ました。 昨年から始めたウォーキングはまだ続けていますが、 田舎に帰っている間はさぼってしまいました。…
コメント:2

続きを読むread more

ホークス優勝パレード

今日はみなさんご存知の通り、ソフトバンクホークスの優勝パレードがありました。 テレビで呉服町をスタートしたのを確認して家を出て、パレードの終点で待つことにしました。 実際に現地に行ってみると、沿道は人で埋め尽くされて(下の写真)、まともに見物できる 状況ではありませんでした。 8年前のパレードではこんなに混んでなかった記…
コメント:0

続きを読むread more

糸島の牡蠣小屋

糸島の牡蠣小屋まで足を伸ばして来ました。 今シーズン初めての牡蠣です。 プリプリの焼き牡蠣は本当に美味!! 「フウフウ」言いながら焼きたてをいただきました。 牡蠣フライや牡蠣シュウマイなどの新メニューも登場していたので、 試してみましたが、個人的にはオーソドックスな焼き牡蠣が一番です。 福岡都心からでも都市高速を…
コメント:0

続きを読むread more

野外活動同好会-油山登山

ランチで行きつけのお店で「野外活動同好会というのを作ったので参加しない?」と誘われました。 ハードではなくゆるくソフトに野外活動をする会とのこと。 その最初のイベントが本日開催されました。 目的地は油山山頂、参加者はワシをを入れて男性3人、女性2人の合計5人です。 六本松でメンバーと合流。男性2人とは初対面でした。 挨…
コメント:0

続きを読むread more