テーマ:ディントゥリー(QLD)

小さな熱帯-The Tropical

早朝のデイントゥリー・ビレッジ、ワシの泊まったB&Bにある小さな池にはヒメミツユビカワセミやルリミツユビカワセミがやって来る。ワシは息を潜めて彼らの来訪を待った。 B&Bの庭とは言え、緑は濃く、木々が命を絡め合って茂っている。その様子を見るとヨーク岬半島の付け根に位置するこの地がまぎれもなく熱帯にあることを感じさせてくれる。カワセミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フェリー2-Ferry Crossing2

早朝のデイントゥリー川をケアンズ方面からの車を満載してフェリーが渡る。右手方向がケアンズだ。甲板には二列に車を積むことができ、四輪駆動車にキャンピングカー、そしてツアーオペレーターのトラックなど、船上には華やいだ雰囲気が漂う。その一方、お天気の方はいつものように不機嫌だ。ワシの知る限りこの地域は曇天が多い。そして天気の移ろいも早い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェリー-Ferry Crossing

ケアンズから北に車を走らせる。ポート・ダグラス、モスマンを過ぎると熱帯の緑は更に濃くなり、旅人はデイントゥリー川の畔に達する。ここには橋がない。" 越すに越されぬデイントゥリー川"といったところか。更に北方のケープ・トリビュレーションやクック・タウンを目指す場合、いかだならぬ、フェリーに乗って川を渡ることになる。航空母艦を縮小し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渚にて-Foreshore

デイントゥリー川をフェリーで渡ると道幅の狭い道路が九十九折りに連なり標高を稼いで行く。道路が平坦になると、気分は高原ドライブになる。ところが、なぜか右手にビーチのサイン。ここのビーチは標高の高い位置にあるのか?と妙な錯覚に陥る。あれだけ登って来たと思っていたのに実はほとんど標高は変わっていないのだ。自然の作った巧妙なマジックか?(引…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デイントゥリー・リバー-Daintree River

マングローブ・ショウビン Mangrove Kingfisher(カワセミの仲間)を求めてデイントゥリー・リバーに小舟を出した。長さ160kmの短い川であるが、自然の密度は圧倒的である。両岸を覆うマングローブの密林を眺め、深く複雑に入り組んだ水路を走り、ワシは船頭に声をかけた、「この川は生きているなぁ」と。「その通り、だから俺はアメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界遺産の森-World Heritage Wet Tropic Rainforest

デイントゥリー・リバーに斜光が差す。この地域は「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」として世界遺産に登録されている。南はタウンズビルのすぐ北にあるパルーマ及びスペク山から、北はクックタウンの南、ブラック山までの450kmにわたってこの世界遺産地域は広がっている。同じく世界遺産に登録されているグレート・バリア・リーフと平行した位置にあり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more