テーマ:グレートオーシャンロード(VIC)

夕彩-Evening Color

「十二人の使途」の展望台から黄昏時にフェアリーペンギンの帰巣を見てからというもの、ワシはすっかりペンギンに興味を持ってしまった。「十二人の使途」の展望台は海岸までかなりの高さと距離がある。もっと近くでペンギンを見られる場所はないものか....。ロンドンブリッジを訪れた際に、「ペンギンのコロニーがあるので砂浜に入るべからず」という看板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギブソンズステップ-Gibsons Steps

ポート・キャンベル周辺の"絶景"は古今東西多くのカメラマンの被写体となってきた。特に朝と夕方は斜光に奇岩が輝き、その印象的な光景はプロでなくともカメラを向けたくなる。海に向かうと午前中は左手より、午後は右手から太陽が当たる。ビクトリア州を、いやオーストラリアを代表する風景だけあって、パンフレットやホームページ等への露出も極めて高い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレートオーシャンロード-GOR

ビクトリア州は他州に比べ面積が小さく、開発も進んでいるが、グレート・オーシャン・ロード沿いのポートキャンベル付近では自然の迫力を十二分に満喫できる。ここではオーストラリア大陸が数十メートルの絶壁となってサザンオーシャンに落ち込み、絶壁は永年の浸食に曝され様々な奇岩、奇景を成している。クイーンズランドや西海岸の光溢れる明るいビーチとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドンブリッジ-London Bridge

ポートキャンベルから西へ向かうと、程なくロンドン・ブリッジ London Bridgeに到着する。海に突き出した岩が波の浸食により、ダブルアーチの美しい橋の形をしていた。"していた"と過去形なのは、それが1990年1月までの話だから。陸側のアーチが崩落して、今ではもう一つのアーチが海上に取り残された格好になっている。まさに「ロンドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果ての海に-Encroach

聖人達の表情に望遠で迫った。砕ける波とすさぶ風は彼らの息づかいなのか。これらの奇岩群が生まれたのは以外に新しく、3,000年ほど前のことだそうだ。地球の営みからすればつい昨日のことと言えるだろう。逆に言うとオーストラリア大陸はすごいスピードで削られていることになる。特に南海岸はその傾向が強く、遠くナラボー平原まで、大陸が断崖とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖人たち-How many Apostles ?

一般に「12人の使徒」と呼ばれているが、海に浮かぶ岩の数は正確に12ではない、それ以上という説、それ以下という説、両方聞いたことがある。海岸沿いに並ぶ岩を、どの範囲まで数えるかにより答えは違うようだ。この写真には7個の岩が写っているが、カメラを向けている反対側にも岩がある。それにしても「12人の使徒」とはよく名付けたものだ。サザン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妖精と聖人-Fairies with Apostles

折からの不安定な天候が幸いして、低く垂れ込めた雲と水平線のわずかな隙間から落陽が覗くシーンを捉えることができた。夕陽に12人の使徒がシルエットに染まる。やがて周囲が闇につつまれ、機材の片づけを始めた頃、海岸に何かが見えた。小さな動く点が徐々に増えていく。双眼鏡で確認した。「ペンギンだ!」、ワシは思わず叫んだ。波打ち際で群を作り、上陸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12人の使途-Twelve Apostles

ビクトリア州のグレート・オーシャン・ロードではオーストラリア大陸が浸食された多くの奇岩を見ることができる。その中でも特に有名なのがこの「12人の使徒」、ビクトリア州観光の目玉である。オーストラリアの有名撮影地TOP10などという調査があれば必ずランクインするに違いない。ポスター等で目にされた方も多いのではないだろうか。「12人の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more