テーマ:ナラボー平原(SA/WA)

ナラボーを征く-2 -March through Nullabor

ナラボーの地平線に落ちる太陽が、給油中のトラックをシルエットに染めた。オーストラリアではどんな僻地に行っても生活物資は豊富である。スーパーには山のように生鮮食品が積まれている。それを支えているのがこの長距離トラックだ。生活物資から家畜、鉱物までを東へ西へと運び続ける。この国の経済を担い、暴力的な距離に立ち向かう姿は頼もしい。ドライバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナラボーを征く-1 -March through Nullabor

黄昏せまるナラボー・ロードハウス Nullabor Roadhouseより名物の道路標識を遠望する。オーストラリアではいたる所で動物注意の標識を見かけるが、3連でしかも92キロにも及ぶ注意を呼びかけるのは、おそらくナラボー平原ならではであろう。その脇を長距離トラック(ロードトレイン)が夕陽を浴びて駆け抜ける。旅行客がそれぞれの宿に着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロードハウス-Road House

アウトバックの足がラクダからランドクルーザーになった今日、荒野のオアシスはロードハウス Roadhouseと呼ばれる施設である。平たく言うと、ガソリンスタンド、レストラン、ゼネラルストア、キャラバンパークとモーテルが一緒になったもので、ここに着けば「飲む、食う、寝る、補給する」ことができる。ナラボー平原にはおよそ100キロ~200キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セデューナ-Ceduna

セデューナはナラボー平原の東端、これから始まる冒険への期待と、長旅を終えた安堵とが交錯して、華やいだ気分が溢れている。辺境のさびれた雰囲気はこの街に見当たらない。ナラボーを自力で越える旅人は、ここで道路状況などの情報を集め、車の整備・点検、給油、食料の調達を行う。一方、無事大平原を越えた人々はここで喜びの杯を傾ける。無駄な抵抗とは知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物注意!-Animal Hazard

ナラボー平原に入ると名物の道路標識が旅人の目を惹く。三種類の標識が連結され、しかも写真のように150キロ、90キロなどと途方もない長距離区間の注意を呼びかけるものはオーストラリア広しと言えど、ここだけではなかろうか。面白いことに、南オーストラリア、西オーストラリアで標識のデザインが異なる。写真はウエスタンのもの。ガイドブックやツアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直線-The Longest Straight Stretch

我を中心に360度に広がる地平線の一点を目指して真っ直ぐに道が延びていく。アウトバックを旅した人は誰もがこの構図で一度は写真を撮ったことがあるだろう。山がちで狭い国土に生まれ育った我々日本人には特に印象的な光景である。こんな景色、日本じゃ見られない。写真の一枚や二枚撮りたくなるのも当然と言えよう。かく言うワシも初めてのアウトバック、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more