テーマ:鳥類

ヒナ-Casssowary

ジャングルの怪鳥カソワリのヒナである。生息域が限られて個体数も少ない野生のカソワリのそれもヒナをここまでアップで撮れたのは僥倖と言わざるを得ない。カソワリの特徴である大きな鶏冠はまだなく、これから鶏冠が発達してくる頭の部分が固い皮膚で覆われている。面白いのは体の模様、漆黒の成鳥に比べ、こりゃまるでウリ坊じゃないか。目はクリクリして愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛翔-Fly Away

曇天の続くカカドゥ、時々激しい雨も降る。ワシは撮影を諦め、ず~っと鳥を眺めていた。マムカラ湿原には立派な観察小屋が設けられているので、鳥たちを警戒させることなくじっくりと観察できる。マグピー・グースは、この季節カカドゥの水場ではどこでも見ることのできる大型の水鳥である。天候に関係なく、次々と水場に舞い降り、そして飛び去っていく。大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警戒-Pied Cormorant

我々のボートが近づくと鵜の群は警戒態勢に入り、最初の一羽が飛び立った。西陽に輝く白い羽毛が美しい。Pied Cormorantという種類で、和名はナンヨウヒメウと呼ぶそうだ。鵜飼の鵜と同じ仲間なので、当然水鳥である。鵜は水で泳ぐものと思っていたワシに、木にとまった鵜の姿は新鮮だった。彼らの足には大きな水掻きがあるはず、それがどうやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビーイーター-Rainbow Bee-eater

カラフルな色が目をひくビーイーター Rainbow Bee-eater。夕方の撮影に向かおうとキャンプ場を出ようとした時に、近づいても逃げない勇気ある?個体を見つけた。動きの速い鳥なので普通はすぐに飛び去ってしまう。焦りながらも、脅かさぬように望遠レンズを向けた。今一つ本来の合焦性能が出ないNikon F5を操作しながら、「今回はう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン川の王者-Lord of Norman River

ノーマン川の岸辺でシーイーグルを見つけた。ボートが近づいても物怖じしない姿には王者の風格が漂う。クロコダイルが徘徊し、空にシーイーグルが舞う。川にはバラマンディが泳ぎ、その底には大きなマッド・クラブ(泥蟹)が棲む。当然彼らの餌食になる生き物たちがいるわけで、その濃密な生態系には嘆息せざるを得ない。自然の豊かさでは世界遺産に指定されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねむねむ-I'm sleepy.

巣穴で眠るメジャー・ミッチェル・クッカトゥー Major Mitchell's Cockatoo。初冬の寒さに、羽毛を膨らまして体温を保っている。乾燥した内陸に分布するこの鳥はモモイロインコ Galahに似ているが別の種類である。興奮すると鮮やかなオレンジと黄色の冠を逆立てるのが特徴。撮影地のデザート・パーク Desert Park…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパニオン-Companion

昼食のサンドイッチを頬ばっていると、何やら木の上から音がする。見上げると大きな白い鳥が木の実を食べていた。キバタン Sulphur-crested Cockatooだ。一説によると、オウムや大型のインコの知能は非常に高く、犬に匹敵するとも言われる。なるほど、彼らの行動を見ると、その説もまんざら嘘ではなさそうに思えてくる。まず、写真の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上昇-Rising Up

巨鳥が風を巧みに操って上昇する。巨鳥の正体はシーイーグル White-bellied Sea Eagle(=シロハラウミワシ)。オーストラリアの猛禽類の中では二番目に大きく、翼を広げると2mに達する。ダーウイン近郊のアトラクションとして有名なジャンピング・クロコダイルの帰途、ボートのクルーが肉片のついた竿を舷側から出し、よく見ておけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエッジ・テイルド・イーグル-Wedge-tailed Eagle

ウナダッタ・トラックの上空をオナガイヌワシ Wedge-tailed Eagleが舞う。2mを優に超す翼が空を滑る光景は見ていて壮観である。特徴的なくさび形の尾をご覧いただけよう。大陸横断列車インディアンパシフィツクのシンボルマークもこの鳥である。大陸に広く分布しているオナガイヌワシもスチュアート・ハイウエイのような幹線道路沿いでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿原の守り神-Guardian of Wetland

イエロー・ウォーターの湿原を睥睨するシーイーグル。オーストラリアで二番目に大きい猛禽類である。カカドゥではソルトウォーター・クロコダイルと並んで生態系の頂点に君臨する。その昔、カカドゥを含むアーネム半島には肉食のタスマニア・タイガー(別名フクロオオカミ)という有袋類が生息していた。しかし今ではウビルにあるアボリジニの壁画の中にその姿を残…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ガマグチヨタカ-Frogmouth

ダルマのような愛嬌のある姿をしているこの鳥、名前をガマグチヨタカ Frogmouthと言う。夜行性で、獲物を見つけるとフクロウのように木の上から襲って捕らえるそうだ。昼間は周囲に擬態して身を守る。その擬態は名人芸と言えるもので、木の枝のふりをされると、素人ではまず判別 がつかない。昼間の擬態を観察するなら探鳥ツアーでガイドに同行してもら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モモイロインコ-MOMOIRO

モモイロインコは大陸全体に分布し、アウトバックの旅でも行く先々でお目にかかる馴染みの深い鳥である。ワライカワセミと並んで、ワシの大好きな鳥と言える。しかしながら、写真に撮るのは難しく、オーストラリアで最も失敗カットの多い被写体、最もフィルムを無駄に使った被写体と言って差し支えない。どこにでもいるので写真に撮るのは容易かろうと言われるかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モリショウビン-Forest Kingfisher

かって、世界各地の動物を紹介する『野生の王国』というテレビ番組があった。カカドゥに立つとその放送を生で見ているかのような気分になる。ここは野生の宝庫。特に水鳥を中心とする野鳥の数はおびただしく、公園内でポピュラーなサギやカモなどにはいちいち取り合うのがばからしくなる。そうした中で、何度見ても心をときめかすのはこのキングフイッシャー(カワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クッカヴァラの来る宿-Laughing Kookaburra

ケアンズの北約110キロにデイントゥリー Daintreeという小さな集落がある。レストランや店が数軒あるだけで、街と呼ぶにはあまりに小さい集落だ。"Tiny"という形容詞の似合う実に牧歌的な雰囲気にワシは一発でやられてしまった、「いいところだ!」。南のモスマン Mossman、北のケープ・トリビュレーション Cape Trib…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more