ヒナ-Casssowary

ジャングルの怪鳥カソワリのヒナである。生息域が限られて個体数も少ない野生のカソワリのそれもヒナをここまでアップで撮れたのは僥倖と言わざるを得ない。カソワリの特徴である大きな鶏冠はまだなく、これから鶏冠が発達してくる頭の部分が固い皮膚で覆われている。面白いのは体の模様、漆黒の成鳥に比べ、こりゃまるでウリ坊じゃないか。目はクリクリして愛…
コメント:0

続きを読むread more

飛翔-Fly Away

曇天の続くカカドゥ、時々激しい雨も降る。ワシは撮影を諦め、ず~っと鳥を眺めていた。マムカラ湿原には立派な観察小屋が設けられているので、鳥たちを警戒させることなくじっくりと観察できる。マグピー・グースは、この季節カカドゥの水場ではどこでも見ることのできる大型の水鳥である。天候に関係なく、次々と水場に舞い降り、そして飛び去っていく。大き…
コメント:0

続きを読むread more

警戒-Pied Cormorant

我々のボートが近づくと鵜の群は警戒態勢に入り、最初の一羽が飛び立った。西陽に輝く白い羽毛が美しい。Pied Cormorantという種類で、和名はナンヨウヒメウと呼ぶそうだ。鵜飼の鵜と同じ仲間なので、当然水鳥である。鵜は水で泳ぐものと思っていたワシに、木にとまった鵜の姿は新鮮だった。彼らの足には大きな水掻きがあるはず、それがどうやっ…
コメント:0

続きを読むread more

ビーイーター-Rainbow Bee-eater

カラフルな色が目をひくビーイーター Rainbow Bee-eater。夕方の撮影に向かおうとキャンプ場を出ようとした時に、近づいても逃げない勇気ある?個体を見つけた。動きの速い鳥なので普通はすぐに飛び去ってしまう。焦りながらも、脅かさぬように望遠レンズを向けた。今一つ本来の合焦性能が出ないNikon F5を操作しながら、「今回はう…
コメント:0

続きを読むread more

ノーマン川の王者-Lord of Norman River

ノーマン川の岸辺でシーイーグルを見つけた。ボートが近づいても物怖じしない姿には王者の風格が漂う。クロコダイルが徘徊し、空にシーイーグルが舞う。川にはバラマンディが泳ぎ、その底には大きなマッド・クラブ(泥蟹)が棲む。当然彼らの餌食になる生き物たちがいるわけで、その濃密な生態系には嘆息せざるを得ない。自然の豊かさでは世界遺産に指定されて…
コメント:0

続きを読むread more

ねむねむ-I'm sleepy.

巣穴で眠るメジャー・ミッチェル・クッカトゥー Major Mitchell's Cockatoo。初冬の寒さに、羽毛を膨らまして体温を保っている。乾燥した内陸に分布するこの鳥はモモイロインコ Galahに似ているが別の種類である。興奮すると鮮やかなオレンジと黄色の冠を逆立てるのが特徴。撮影地のデザート・パーク Desert Park…
コメント:0

続きを読むread more

コンパニオン-Companion

昼食のサンドイッチを頬ばっていると、何やら木の上から音がする。見上げると大きな白い鳥が木の実を食べていた。キバタン Sulphur-crested Cockatooだ。一説によると、オウムや大型のインコの知能は非常に高く、犬に匹敵するとも言われる。なるほど、彼らの行動を見ると、その説もまんざら嘘ではなさそうに思えてくる。まず、写真の…
コメント:0

続きを読むread more

上昇-Rising Up

巨鳥が風を巧みに操って上昇する。巨鳥の正体はシーイーグル White-bellied Sea Eagle(=シロハラウミワシ)。オーストラリアの猛禽類の中では二番目に大きく、翼を広げると2mに達する。ダーウイン近郊のアトラクションとして有名なジャンピング・クロコダイルの帰途、ボートのクルーが肉片のついた竿を舷側から出し、よく見ておけ…
コメント:0

続きを読むread more

ウエッジ・テイルド・イーグル-Wedge-tailed Eagle

ウナダッタ・トラックの上空をオナガイヌワシ Wedge-tailed Eagleが舞う。2mを優に超す翼が空を滑る光景は見ていて壮観である。特徴的なくさび形の尾をご覧いただけよう。大陸横断列車インディアンパシフィツクのシンボルマークもこの鳥である。大陸に広く分布しているオナガイヌワシもスチュアート・ハイウエイのような幹線道路沿いでは…
コメント:0

続きを読むread more

個展開催のお知らせ

これまで、長きに渡りbuokaburraのハンドルネームで当ブログを運営してきましたが、トミー中江という名前で今回初めての写真展を開くことになりました。 タイトルは「オーストラリア 荒野の果てに」。初めて渡豪した1992年から撮りためた写真の中からアウトバックを中心に厳選して展示します。 会場は何と富士フィルムフォトサロ…
コメント:0

続きを読むread more

星の舞う夜-Dance with Stars

キャンプ地は秘境バングルバングル。何かに導かれるように夜中に目覚め外に出た。見上げると、全天を埋め尽くした星々は、ただそこに輝くだけでは飽き足らず、嵐のように乱舞していた。"星の舞う夜"である。そう見えるほど星の密度が濃く、その瞬きが幾千万見て取れたのだ。星を眺めるに最高の条件が整ったのであろう。眠気も吹き飛びワシは星の渦の下に立ち…
コメント:0

続きを読むread more

Dig Tree(ディッグ・ツリー)

本日三度目の更新を行いました。 http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/index.html 現在更新を行っているのはディッグ・ツリーを目指す旅ですが、これまでディッグ・ツリーの説明をしていなかったなぁと思い、今回掲載しました。できるだけ簡潔にと思ったのですが、入れ込みが大きく…
コメント:2

続きを読むread more

ロレックス デイトナ 16520 文字盤交換

デイトナの文字盤交換ができるということを少し前に知りました。。 16520の場合、黒文字盤なら白に、白なら黒に交換ができます。しかも、交換して取り外した文字盤は返却してもらえるので、いつでも元の色にもどすことができます。 文字盤の値段に工賃がプラスされます。正直高いです。2015.2.1に価格改定が行われたので文字盤の値段も…
コメント:0

続きを読むread more

水城学園その後

先日、解体中であるとお伝えした水城学園校舎のその後を見てきました。 校舎はきれいに解体され、最早その面影はありません。跡地はきれいに整地され駐車場になっています。 新しいビルが建つのか、このまま駐車場として使われるのか、先のことは分かりません。 長浜大学と呼ばれたあの賑わいは、完全に思い出の中のものになりました。 「…
コメント:0

続きを読むread more

再開して二度目の更新

再開して二度目の更新を行いました。 イナミンカから州境を越えてディッグ・ツリー(デポーLXV跡)に向かいます。 http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/ お時間のある時に訪問いただけると幸いです。 前回、戸惑った更新作業でしたが、今回はだいぶスムーズに行えるようになりま…
コメント:0

続きを読むread more

本サイトを更新しました

超久しぶりに本サイトを更新しました。 http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/ 2005年の年末から2006年の年始にかけて『恐るべき空白』の舞台になったイナミンカ(QLD)をバーク探検隊の足跡を追って旅した時の記録です。旅が佳境に入るところで更新を止めていましたので、「その後、ど…
コメント:2

続きを読むread more

コムラー85mm F1.4

今年最初のお買い物はオールドレンズのコムラー(Komura)85mm F1.4を捕獲しました。 発売は1961年、50年以上前のレンズです。当時、85mm F1.4というスペックは世界でも例が少なく、一目置かれる存在だったことでしょう。60年代の名機ニコンFとの組み合わせはとてもカッコいいです。やっぱり大口径レンズはいいですね。 …
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 毎度のことですが、新年の挨拶が遅れて申し訳ありません。 元日から風邪をこじらせ、三賀日を含む4日間ほど寝込んでいました。前途多難な年明けです。 今年は長いこと放置している本サイトの更新も復活させたいと思っています。 http://www.ne.jp/asahi/outback/buo…
コメント:0

続きを読むread more

東西の横綱

今年も残り僅かとなりました。年の瀬に際して、今年の我が家の横綱を並べてみました。 カメラも弩級ですが、レンズもそれに負けず劣らずスゴイ存在感です。いや、レンズが今年の主役です。 来年もこんな素敵な出会いがありますように。 Merry Christmas and Happy New Year!! 左) Nikon …
コメント:0

続きを読むread more