二つの岩-Devil's Marbles

画像

奇岩で有名なデビルズ・マーブルズ。その中でもこの二つの岩は最も有名で最も写真写りのいい組み合わせだろう。幾千の旅人が今にも転がりそうなこの岩を押し、二つの間をよじ登った(ワシもその一人)。椎名誠氏の『熱風大陸』の中で氏がこの岩を「転がれ!」と押す写真に胸をときめかせた読者諸兄も多かろう(ワシもその一人)。今から15年前、黄昏迫る荒野の中で、一人この岩を前に「とうとうここまで来た」と感慨に浸ったことを思い出す。あれは初めてアウトバックに足を踏み出した旅の道中だった。セルフタイマーをセットして二つの岩の間でポーズをとった。以来ここはお気に入りの場所、現地に三度足を運び、その内二度はキャンプを張った。さあ、写真を撮ろう、奇岩を前にした驚きと興奮は一生涯の思い出になるに違いない。

Nikon F4 with MF-23,
Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-F4.5D (IF),
Fujichrome PROVIA ISO 100 (RDP II)
Aperture-Priority Auto @ F5.6
Devil's Marbles, South of Tennant Creek, Northern Territory
May, 2000

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月20日 20:52
こんにちは。コメントありがとうございましたm(__)m
この写真、本編にも掲載されていたかと思いますが、私にとってお気に入りの1枚なんです(^O^)/
ホント、指1本で転がりそうですね。椎名氏の本は一度読んでみようと思います。
やっぱり、いいなー。青い空と黄色っぱい岩とのコントラストが。
行ってみたいです!オーストラリア!!

※F3に関するコメント、本当にありがとうございますm(__)m
個人的にMFカメラ+単焦点レンズののんびり撮影が性にあっているので、オーストラリアに行くときはぜひと思っていたのです。
まだまだ先のことですが。
そうそう、F4、私も使っていました。今はF100に変えましたが、いいカメラですね。
管理人のbuokaburra
2008年03月20日 21:28
ありがとうございます。お気に入りの1枚に加えてきただき光栄です。この日は雲があってちょうどいい感じになりました。

椎名氏の本は面白いですよ。椎名氏が岩を押している写真を見て、ワシもつい真似をしてしまいました。

F3+単焦点レンズの組み合わせカッコいいですね!憧れます。本サイトに掲載している何枚かはF3+50mmなのですが、現場に臨むとより便利な機材に頼ってしまいます(情けない)。
ワシの通常の装備はF4, F5+ズームレンズです。

おっしゃるようにF4はホント良い機材です。これまで全てのオーストラリア遠征に同行してもらいました。無論トラブルは一切なし。露出の精度はより高度なシステムを積んでいるF5より上だと思っています。特殊な状況以外では、出た目でほとんど問題ありません。

もし、「1台しかカメラは持っていけないよ」と言われたらワシはF4を選びます。レンズは17-35mmかな。