黄色い世界-The Yellow

画像

ピナクルスに一歩足を踏み入れると視界が黄色に染まる。砂も岩も黄色い、どこかの別世界に迷い込んだ気分になる。特に日中は強い日差しに黄色が反射して目がくらむ。どのガイドブックを見てもピナクルスには「荒野の墓標」という枕詞が付く。しかし、この輝きのどこに墓場の雰囲気があるというのだ。そう、ここはインド洋に面した西オーストラリア、ワシの知る限り世界一光に満ちた場所である。荒野の寂寥や荒涼を語るには、あまりに明るすぎる。オーストラリア人がよく言う、「光ならいくらでもあるよ」と。Pinnacleとは英語で「小尖塔」の意味だそうだ。「荒野の墓標」を改め「荒野の日時計」はどうだろう。150,000本の日時計が時を刻む様は荒野の芸術である。

Nikon F4 with MF-23,
Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-F4.5D (IF)
Fujichrome PROVIA ISO 100 (RDP II)
Aperture-Priority Auto @ F5.6
The Pinnacles, Nambung National Park, Western Australia
March, 2000

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

chie kangaroo
2008年07月17日 22:51
西オーストラリアは一歩も入ってないのですよ。
実際の風景をとても見たいです。
写真からジリジリと音がしてきそうですね。
抜けるような青空が恋しい・・・。
管理人のbuokaburra
2008年07月18日 00:12
西オーストラリアいいですよ!!
9~10月は写真のピナクルス周辺も含む西オーストラリア一帯がワイルドフラワーの季節を迎えます。先日西オーストラリア政府の方が講演でおっしゃっていた話では、今年は20~30年に一度のワイルドフラワーの当たり年だそうです。沿岸部全体がお花畑になることでしょう。お花に興味があればちえさんもどうですか?
ちえkangaroo
2008年07月18日 22:18
写真からはお花畑を想像しがたいですが、きっと幻想的な風景なんでしょうね。
オーストラリアは広いだけあって、北南では季節も違うしいろいろな味わいがありますねぇ。
行っても行っても足りない管理人さんの気持ちがよーく分かります。
20-30年に一度の当たり年なんて聞くとたまりませんね~。
でも、旅行代金も20-30年前の価格に匹敵するかも!?
あー宝くじ買おうっと。
管理人のbuokaburra
2008年07月18日 23:04
実はワシも西オーストラリアの本物のワイルドフラワーを見たことがないんですよ。恐らく↓のもっとすごいものだと思います。

http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/plant/flowergarden_sa.html

20-30年に一度と言われると何だかウズウズしますが、「行こう」という決定打にはならないんですよね。やはりワシは綺羅な光景より、根っから「荒野」が好きなようです。

もちろん、燃油代の値上がりが足枷になっていることは否定できません。