獅子座流星群(その1)-Leonids Meteors

画像

2001 年の旅、ウナダッタ・トラック600キロのダートを抜け、道が舗装路に変わるとアデレードはもう射程距離だ。アウトバックともこれでお別れと思った時点でワシの魂は燃え尽きた。「全てを見てやる」、「何も逃すまい」という、約40日間ずっと保ち続けた写真への緊張感は失われ、ワシは腑抜けになった。魂も金もなく、アデレードでの予備日を漫然と過ごしていたある朝、新聞の大きな記事が目に入った。2ページを割いた紙面には流星群の接近が報じられていた。「一生涯のチャンス」、「次は30年後」、「オーストラリアは観測に絶好の位置」等々刺激的な言葉が並ぶ。はじめ"Leonids"という言葉の意味がわからず、???そうか!獅子座流星群のことだ!。日本でも寒くなり始める頃にやってくるあの流星群である。盛大な予報が報じられても、本当に大流星群が出現するのか保証はない。これまで何度も肩すかしを食らった経験もある。それでもワシの心は躍った。「日本の仇をオーストラリアでとるか!」、「仮に見られなくても、ここでぐうたらしているより遙かにましだ!」。決めてからの動きは速かった。北へ行くほど条件はいいという。流星群最接近の日程を考えると、約1,000キロ先まで北上できる。しかも、砂漠地帯なら空気が澄んで晴天率も高い。観測には絶好のロケーションだ。
かくして2001年11月19日未明、ワシはクーパー・ピディ近郊で壮大な天文ショーの始まりを迎えた。
(つづく)

Nikon F4 with MF-23,
Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17-35mm F2.8D (IF),
Fujichrome PROVIA 400F (RHP III)
Time Moode (approx. 5 minutes) @ F2.8
Stuart Hwy., Coober Pedy, South Australia
November, 2001


-------------------------------------
Please come to see me at
http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月07日 08:47
こんにちは。

>2001 年の旅、ウナダッタ・トラック600キロのダート

キロ数だけですとそれほどという感じですが、悪路の600キロというのは、お尻が痛くなりそうで。それより車を無事に完走させるのが難しそうですね。


>「全てを見てやる」、「何も逃すまい」という、約40日間ずっと保ち続けた写真への緊張感は失われ、

40日間のご旅行ですか!その分、達成感と共に喪失感に襲われるのでしょうね。

現地にそのぐらい滞在するといろいろなモノが見えてきそうですね。一般的な海外旅行の1週間~10日間ほどでは時差に体が慣れそこから旅が楽しめるのに、日本人はそこで帰ってしまうという、欧米の方の意見を本で読んだことがあります。私もいずれそのぐらい長期間滞在をしてみたいです^^;

>2001年11月19日未明、ワシはクーパー・ピディ近郊で壮大な天文ショーの始まりを迎えた。

街灯などの余計な光は皆無でしょうから、大平原で寝ころびながら空を見上げると星が自分に降ってくるように見えるのでしょうね。

素晴らしいお写真ありがとうございます(^^)v
管理人のbuokaburra
2008年10月07日 23:16
いえいえ、ちっとも素晴らしい写真ではなくて申し訳ないです。
天体撮影はほとんど経験が無く、いきなり超本番が来て、この結果、恥ずかしい限りです。あの環境で、熟練された方ならもっと素晴らしい作品を残せたと思います。

普通なら、すごく悔しい思いをするのでしょうが、何十年に一度かの大出現に、しかもオーストラリアで立ち会えたこと、そして次があるかどうか分からないので、ワシは大いに満足しています。

70歳の爺さんになった頃、また獅子座の大出現に出会うかも?しれません。その頃の機材はどうなっているのでしょうね。
2008年10月09日 14:02
連コメ失礼しますm(__)m

> いえいえ、ちっとも素晴らしい写真ではなくて申し訳ないです。
>
躍動感があり本当に星が降ってくる感じがして、とってもいい写真だと思います(^_^)v

> 何十年に一度かの大出現に、しかもオーストラリアで立ち会えたこと、
>
旅の記録としてはもちろんのこと、人生の記録としてもその場に立ち会えたことがすごいことだと思います。

> 70歳の爺さんになった頃、また獅子座の大出現に出会うかも?しれません。
>
私も爺さんになってます^_^;
30年という月日はとてつもなく長いですから、2001年にご覧になられたときとはまた違った気持ちで空を見上げるようになるでしょうね。
そのときはご一緒できたらうれしいと思います(^_^)v

機材はどこまで進むかわかりませんね。
でも、もしフィルムが残っていたのなら、フィルムで撮りたいなと思います。

※デジカメのことなど直メールを差し上げると思いますので、お暇なときにご覧下さいm(__)m
管理人のbuokaburra
2008年10月11日 18:41
すいません、ここ数日飲み会が続き、書き込みが遅くなってしまいました。

> 躍動感があり本当に星が降ってくる感じがして

ありがとうございます。そう言ってもらえると、うれしいです。この写真を掲載して良かったです。

> そのときはご一緒できたらうれしいと思います

ご一緒できるといいですね。そのためには長生きしなければ(笑
あの壮大な天文ショーをまた見られるのなら、老体に鞭打って出かけます。

> もしフィルムが残っていたのなら、フィルムで撮りたいなと思います。

ワシもそうしたいです。フィルムで撮りたいですね。
しかし、その頃になると、手持ちで天体撮影ができるような、超超高感度、ものすごい手ぶれ補正ができているかもしれません。