巨岩の目覚め-Wake Up

画像


日の出直後のウルル。カメラのファインダーを通して見ると、岩肌自体が発光して夜明けとともにウルルという"存在"が目覚めたかのように見えた。ワシが度々語っているように、ウルルに近づくと何か"気配"のようなものを感じるということが、この写真では少し表現できたような気がする。2001年の旅で撮った最も印象的な一枚である。

ウルル訪れるたび毎回、最後の夜に、「また来ることができますように」と願をかけながら、周回路を一周してきた。漆黒の闇の中にウルルの"気配"を感じつつ....。そして、その願いは今までかなってきた。

果たしてこの写真を見た皆さんが、ウルルの"気配"を感じてくれただろうか?永年アボリジニが信仰してきたウルル、そこには精霊が宿っているに違いない。"気配"はワシの過信ではなく、旅人たち皆が感じるものだと信じている。

Nikon F4 with MF-23,
Ai AF Zoom Nikkor 28-85mm F3.5-F4.5S,
Fujichrome PROVIA 100F (RDP III)
Aperture-Priority Auto @ F11
Circle Road around Uluru, Uluru/Kata Tjuta NP, Northern Territory
October, 200


-------------------------------------
Please come to see me at
http://www.ne.jp/asahi/outback/buokaburra/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

おーちぃぱぱ
2009年06月24日 07:26
おはようございます。凄い、講釈なんていらない美しさ素晴らしさが写真の中にあります。私もオーストラリアやNZに行かなくなって6、7年になります。行って見たいなってまた思ってしまいました。広角レンズも使う機会めっきり減りました(笑)
管理人のbuokaburra
2009年06月24日 10:32
おはようございます。写真をお褒めいただき光栄です。
この写真は自分でも気に入っている一枚なんですよ。朝陽を浴びたウルルは美しかったです。
ワシの17-35mmレンズも最近は防湿庫のこやしになっています。オーストラリアでは必須の主力レンズなのですが...。