TAMRON 18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD(ニコン用)が来ました!

画像

D7000を購入後、標準ズームは安価なAF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED IIを使い続けて来ましたが、望遠側が物足りず、望遠域を必要とする時はAi AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D EDを使っていました。80-400mmは望遠レンズとしては文句ないのですが、何分大きく重く、それなりの覚悟をして持ち出さなければなりませんでした。そこで常用できる望遠ズームを探していたところ、出会ったのがTAMRONの18-270mmです。

店で触れた第一印象は「小さい軽い」「手ブレ補正が強力」ということです。35mmフルサイズ換算で400mm相当を超える超望遠とは思えないコンパクトなボディとニコン純正以上ではないかと思えるほどの手ブレ補正の効きは非常に印象的でした。広角側はやや物足りないものの常用レンズとしては十分に合格、ほぼ付けたままで日常の撮影をこなせそうです。

と言う訳でこのレンズにターゲットを絞って購入の機会を窺っていたところ、ヤフオクで条件の良い品が出品されたので、思い切って落札しました。無事に商品が届き、今日初めて試写をしてきたので、気付いた点とともに写真を掲載します。

手ブレ補正はやはり強力。400mmを超える望遠域でも手持ち撮影が可能です。望遠側の描写が甘いという評価がありましたが、気になるような問題は無いように思います。
画像

画像


今日使って一番驚いたことは「寄れる!」ということです。マクロレンズ並みの写真が撮れます。f=270mm時:最短撮影距離0.49m、最新のレンズ恐るべし。
画像

画像

画像


D7000に付けて肩から提げていても、ほとんど重さが苦になりません。15倍ズームを装着しているとは思えない軽快さです。最広角28mm相当。
画像

画像

唯一気になったのは、焦点を合わせる時にピントリングが回ること。動いているピントリングに指が触れて戸惑うことがありました。

ワシの構想では望遠域はこのレンズとAPS-Cフォーマットボディ、広角域を今後購入予定のフルサイズ機と超広角ズームという組み合わせで旅に出たいと思っています。まだまだ出費がかさみそうですね(泣


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント