ピンク・ロードハウス-Oodnadatta

画像

スチュアート・ハイウエイから200キロでウナダッタの集落に着く。写真はシンボルのピンク・ロードハウス。店番のフランス訛のおねえちゃんに、アウトバックの一人旅が如何に危険かを散々に説かれる。GPSの救難ビーコンを積んでいると言ってようやく開放された。しかし、タイヤの空気圧をチェックしろと口喧しい。今朝調べたばかりなのに...。
このように、ピンク・ロードハウスはアウトバックの旅人の安全に気を配り、また、案内板などを多く作成して、旅人にアウトバックを楽しんでもらおうと心から考えている。この人たちは、ウナダッタ・トラックが、そしてアウトバックが心底好きなのだろう。全てピンクに塗られたロードハウスは一際異彩を放つが、ここはアウトバックのホスピタリティで満たされている。

画像

画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント