アイレベルファインダー DE-2を入手

Nikon F3用のアイレベルファインダーDE-2を格安で落札しました。F3にはハイアイポイントファインダーDE-3よりもこのDE-2の方が似合うと思います。さっそくF3PのファインダーをDE-2に交換してみました。如何ですか?カッコいいでしょ! 今日はモータードライブにも電池を入れてみました。随分久しぶりだったのですが、動作…
コメント:0

続きを読むread more

皆既月食

3年ぶりの皆既月食。立ち止まって写真を撮っている人の多さに影響されて、ワシも撮ろうと不意に思い立ちました。 ベランダからは隣のビルが邪魔になるので、マンションの前の歩道へ。しかし、思いつきはいけません。撮ったのはいいけどメモリーカードが入っていないという初歩的ミスやISO感度の設定まで頭が回らなかったり、まあ、散々でした。 やは…
コメント:0

続きを読むread more

久留米大砲ラーメン-ミシュランガイド

先の飛び石連休で、東京からの有人を連れて久留米の大砲ラーメン本店へ行ってきました。 昼時とあって20分ほど並んでの入店になりました。注文した「昔ラーメン」は濃厚な味で、濃い味が好きなワシはスープまで飲み干し完食しました。美味しかったです。 普通ならここで終わる話なのですが、昨日、この久留米大砲ラーメン本店が「ミシュランガイド…
コメント:0

続きを読むread more

さらば水城学園

福岡市長浜にある旧水城学園の校舎が解体されています。1998年の閉校から随分と時間が経ちますが、校舎はこれまで残り、水城の記憶を今に伝えていました。校舎の解体により、水城学園は完全に記憶の中に残るのみとなります。 さらば青春の日々 さらば水城学園 ※以下の写真は、看護系の大学の校舎として使用されていた頃のものです。…
コメント:0

続きを読むread more

負の連鎖

台所のディスポーザーがユニット交換の重修理になってしまいました。費用は25,000円。 それだけで済まず、iPodは選曲ができなくなり、扇風機は回らない。とどめはPS3でブルーレイがみられなくなりました。負の連鎖が続いています。これ以上、モノが壊れませんように。
コメント:0

続きを読むread more

Nikon 1 AW1発表

ニコンは世界初の防水・耐衝撃レンズ交換式デジタルカメラ「Nikon 1 AW1」を10月に発売すると発表しました。 ハウジングなしで水深15mの防水性能を有し(水中でのレンズ交換は不可)、2mの耐落下衝撃性能も備えます。 専用の防水・耐衝撃レンズが2本ラインナップされます。従来のニコン1用レンズは装着できますが、当然なが…
コメント:0

続きを読むread more

TBS THE 世界遺産-ジュゴンが暮らす不思議な湾 ~ 西オーストラリアのシャーク湾

今度の日曜日のTBS「THE 世界遺産」は西オーストラリアのシャーク湾です。 見所の多いエリアなので、盛りだくさんの内容になると思われます。 予告ページから推察すると、 ・ストロマトライト ・シェルビーチ ・ジュゴン ・ビルビー(夜行性の有袋類) ・餌付けされた野生のイルカ などなど、見所はたくさんあります。 …
コメント:3

続きを読むread more

斜陽-Declining Sun

サウスオーストラリアのロードハウス、黄昏がロードトレインの車体を赤く染める。北に向かえばクーバー・ピィディ、南はポート・オーガスタ。店終いにするには早い時刻なので、ロードハウスで夕飯を食って、その後本格的な夜間走行に入るのだろう。旅行者には危険な夜の道もロードトレインはものともしない。補助も含めて6基の前照灯は伊達ではないのだ。陸の…
コメント:0

続きを読むread more

エア湖畔にて-Ashore of Lake Ayer

年間平均降雨量125mm以下、乾燥大陸オーストラリアの中でも最も乾いた場所。湖とは名ばかりの干からびた大地。堆積した塩が表面を覆い、炎暑に陽炎が揺れる。それがエア湖 Lake Eyerである。オーストラリア内陸部不毛の象徴と言って過言ではなかろう。エア湖を意識し始めたのはいつの頃からだったろう?南オーストラリア州北東部に点在する湖は…
コメント:0

続きを読むread more

ついにNikkor-QD・C Auto 15mm F5.6 Ai改

長いこと探していたNikkor-QD・C Auto 15mm F5.6を遂に手に入れました。どれほどの月日を費やしたでしょう?しかも超美品です。いや未使用品かもしれません。ずっとオークションなどを見ていたのですが、個体数も少ないし、いい品にめぐり合えませんでした。一度だけ「これは!」というのがあったのですが競り負けました。 何でこ…
コメント:0

続きを読むread more

Iced Coffee

昨日に続き飲み物の記事です。これも現地に行くとよく飲みます。正式な名称はFarmers Union Iced Coffee、南オーストラリア発祥ですが、国内のどこでも手に入ります。Iced Coffeeと名称はなっていますが、味はコーヒー牛乳に近いです。調べてみるとこの会社、現在ではキリンの傘下に入っているようです。なら日本でも売っ…
コメント:2

続きを読むread more

レモンラスキー-Lemon Ruski

オーストラリアに行くと必ず飲むカクテルです。ウォッカとレモンソーダ、白ワインが原料で、度数は5%。炭酸が効いて爽やかです。酷暑の中、キャンプ場に着いて、冷えたレモンラスキーを一気に飲むととても美味しいです。VB(ビール)との飲み分けが難しく(どちらも飲みたいので)、ついつい酒量が増えてしまいます。オーストラリアでは大体どこの酒屋でも…
コメント:0

続きを読むread more

四重連

クーパーズ・クリークからの帰路、立ち寄ったロードハウスでロードトレインに出会った。タンクを4つ連ねた、最大級のロードトレインだ。2003年に大陸縦断鉄道が開業して、輸送の主力が鉄道に移り、ロードトレインは数を減らすのではないかと心配していたが、この旅でも多くのロードトレインを見かけることができた。鉄道開業後も、陸の王者として、アウト…
コメント:0

続きを読むread more

ロードトレインの後姿

ロードハウスで休憩中のロードトレインを後ろから写す。ハイウエイを走行中ロードトレインを追い抜こうとして対向車線に出ると、このような視界が広がるはずだ。ロードトレインの全長は50メートル。抜き去るまでには10秒以上の時間がかかる。たった10秒と言われるかもしれないが、その時間はとても長く、脈拍は高まり、手に汗握る。 ロードトレイ…
コメント:0

続きを読むread more

エアーズロック登岩禁止の日

エアーズロック登岩路は天候等、様々な条件で閉鎖になることがある。 (画面情報岩肌に白い線ができているのが登岩ルートである) 具体的には、 ・3時間以内に雨、または嵐が予想される時 ・標高2500フィートでの最高風速が25ノットある時 ・雲が頂上より下に下りてきている時 ・救助作業が行われている時 ・天気予報で気温が36…
コメント:0

続きを読むread more

燃える巨岩

パンフレットや旅行誌でエアーズロックが燃えるように赤く染まった写真をみることがある。しかしながら、これは毎日見られる訳ではなく、条件が揃う、年に何回かしか見られないらしい。ワシも燃えるようなエアーズロックはまだ一度も見たことが無い。条件が揃うために雲が大きな役割をしていることは間違いないようで、快晴の日などは「今日はもうだめだ」…
コメント:0

続きを読むread more

嵐のエアーズロック

ワシは晴れ男なので、これまでエアーズロックで天気が崩れることは一度も無かった。しかし、今回の旅では毎日40度を遥かに超える猛暑にやられ、気力が衰えてしまったのか、エアーズロックに初めて嵐がやって来た。荒野は広いので、雷雲がかかった場所と陽の射した場所が明瞭に見分けられる。雷が鳴り響き、天候は見る見る変わって行く。幸いにも、エアーズロ…
コメント:0

続きを読むread more

誕生日

6月15日はワシの48回目の誕生日でした。友達が好意で誕生会を開いてくれました。こんな、賑やかな誕生日は久しぶりです。ケーキ食べたのいつ以来だろう?本当にどうもありがとう。 気付けば随分と歳をとってしまいました。高校を卒業して30年、オーストラリアに初めて行って21年です!! この48歳の年を意義のある一年にしたいと思います…
コメント:0

続きを読むread more

ピンク・ロードハウス-Oodnadatta

スチュアート・ハイウエイから200キロでウナダッタの集落に着く。写真はシンボルのピンク・ロードハウス。店番のフランス訛のおねえちゃんに、アウトバックの一人旅が如何に危険かを散々に説かれる。GPSの救難ビーコンを積んでいると言ってようやく開放された。しかし、タイヤの空気圧をチェックしろと口喧しい。今朝調べたばかりなのに...。 この…
コメント:0

続きを読むread more